2014年04月29日

ペッパー

black-pepper.jpg

辛味成分ピぺリンが脂肪分解を促進!

香り成分と辛味成分が代謝をアップさせて、脂肪分解を促進します

ペッパーがたっぷりかかった料理を食べて、体が温まったり
汗が出たりしたという経験を持つ人も多いのでは??

唐辛子に含まれるカプサイシンに脂肪を燃やす効果があることは
よく知られていますが、実は、ペッパーにも同じような効果があるんです。

ペッパーを食べたときに感じる、ピリッとした辛味の正体は「ピペリン」という成分。
このピペリンには、交感神経を刺激して、血行を促進し
脂肪分解効果を高める働きがあります。
さらに、交感神経は、ペッパーの香り成分が脳に伝わることでも活性化します。

つまり、ペッパーは、辛味成分と香りの成分のダブルの効果で
脂肪燃焼を促進してくれるというわけなんです。

ただし、ペッパーの香りは、光や熱に弱いという欠点をもっています。
香りのダイエット効果を得るためには、料理の仕上げに使うのがポイント。
保存するときも、直射日光や熱を避けるように注意しましょう。



食べれば、全身ホカホカ…。脂肪燃焼パワーを実感できます

★挽きたてペッパーでダイエット効果アップ

香りや辛みがもっとも強いのは、挽きたてのブラックペッパー。
ダイエット効果をあげるためには、ホールのペッパーをミルで
その都度、挽いて使うのがベストなんです。
最近では、片手で簡単に使えるものや
デザイン性の高いものなど、さまざまな種類のペッパーミルが
出ているので、お気に入りを探してみてはいかがでしょう。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。