2014年04月30日

精油を使うときに注意したいこと

アロマテラピーを安全に楽しむためには以下のことを必ず守ってください

・精油を直接肌につけたり、内服しない。

・妊娠中、授乳中、薬の服用中、持病のある人は
 事前に医師や専門のアロマセラピストに相談を。使用できないオイルもあります。

・敏感肌、アレルギー体質の人は使用する前にパッチテストをすること。

・子供の手の届かないところに保存すること。


上手なエッセンシャルオイルの選び方

精油は必ず植物から抽出された天然のものであることを確認して
専門のスタッフのいるお店で購入しましょう。

★ラベルに学名や産地、抽出方法などが明記されているか?
同じ植物から取れた精油でも、抽出方法や部位、品種などで効用や香りに違いがあるので注意。

★植物によって妥当な値段がついているか?
天然の精油は貴重で高価。あまりに安すぎたり、すべての種類が同じ値段もものは注意。

★自分の求める効用と好みにあった香りか?
精油は好みの香りを使うのが鉄則。嗅いでみてピンと来る香りがあったら
その効用を調べてみましょう。
それが、いまのあなたに必要な香りかもしれません。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。