2014年04月30日

葉や根茎、種子まで利用できるフェンネル

古代ギリシャの時代から、「痩せるハーブ」として
女性に親しまれてきたフェンネル


香りのパワーに加え、食べることで、体の老廃物排出を促して
むくみを解消してくれるというダイエット効果があります。

葉やシード(種)を魚と組み合わせて焼くと、臭みを消し
さわやかな香りをつけることから、ヨーロッパでは「魚のハーブ」とも呼ばれています。

もちろん、肉料理に使ってもOKです。
フレッシュな葉は、ちぎってサラダのアクセントにしたり、
細かく刻んでドレッシングやスープに加えたりするのがオススメです。

食用に適したフェンネルには、主にスイート種とフローレンス種がありますが
スーパーの野菜コーナーなどで売られているのは、白くて大きな根茎をもつ
フローレンスフェンネルです。
この根茎はセロリのような食感で、生のまま薄切りにして
オリーブオイルにつけ、塩とペッパーで軽く味付けすれば簡単な前菜になります。
炒めたり、煮込んだりしても、おいしくいただけます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。