2014年04月30日

やせるティータイム

ハーブティー、フレーバーティーでやせるティータイム

リラックス、むくみ解消、美肌…
ハーブティーの効果はあなどれません!

ハーブの香りを手軽に楽しみたいときは、お茶にして飲むのがいちばん。
自然の力で、心と体のトラブルを解消してくれるハーブティーはダイエットの強い味方です。

やせるハーブとして知られるフェンネルシード(種)を使ったティーと
ハイビスカスをベースにした、ほんのり甘いダイエット・ブレンドティーを
ご紹介します。

★フェンネルティー
ほのかに甘く、スパイシーな香りのティー。
お好みの紅茶の葉に、小さじ1杯ほどのフェンネルシードをブレンドしてお湯を注げば完成。
体内の老廃物を排出して全身をスッキリさせる効果があるため
便秘や水太りの解消におすすめです。

★ダイエット・ブレンドティー
ビタミンCが豊富なローズヒップとハイビスカスに
利尿・発汗作用のあるメドゥスイート(西洋ナツユキ草)をプラス。
自然の甘味と、鮮やかな赤い色が気分をリフレッシュさせてくれます。
肌荒れ解消にも効果的。
甘さが欲しい場合は、天然甘味料のステビアを加えましょう。


このほかにも、リンデン、ジュニパー、マローブルー、ラベンダー、ローズなど
ダイエットに効果的なハーブがたくさんあります。
これらは、体内の新陳代謝を高め、滞留している老廃物や水分を体外に出してくれる
というスグレモノなのです。
香りでリラックスしながら、気になるむくみも解消できてしまうんです。

ハーブティーの入れ方の基本は、紅茶とほぼ同じ。
温めたポットにハーブを入れ、お湯を注いだら、3〜5分ほど蒸らせば出来上がり。
浸出時間が長すぎると、有害になる場合もあるのでご注意を。
また、ひにかけて煎じないようにしてください。

ハーブティー1杯(約180CC)に使用するハーブの量は
乾燥したものならティースプーン1杯分、生の場合は3杯分が目安。
細かくカットするほど、成分がより多く浸出します。

特別な道具は必要ありませんが、ポットやカップは金属製のものを避け
陶磁器やガラス製のものを使用するようにしましょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。