2014年04月30日

「やせる香り」のバスタイム

香りの成分を鼻からだけでなく、肌からも吸収できるというのが
アロマバスの魅力です。

水分によって肌が柔らかくなっているため
エッセンシャルオイルの吸収力もアップするのです。

精油には発汗作用があるものや血行促進作用があるものもあり
ダイエットを後押ししてくれます。

バスタイムをダイエットに役立てるには、水分を補給しながら
ぬるめのお湯にゆっくりと浸かって体内の老廃物を抽出するのがコツ

お風呂の適度な水圧でリンパの循環がよくなり、肩こりやむくみを
解消する効果も得られます。


バスタイムには血行促進とリラックスの香りがオススメ

ダイエットのためのアロマバスには、グレープフルーツなどの柑橘系の香りがオススメ
柑橘系の香りには、血行や循環をよくする成分も含まれ、
また、その爽やかな香りでストレス解消にも効果的。

ただし柑橘系の精油は使用後に紫外線に当てると、シミの原因になることがあるので
昼間の入浴には使用しないこと。

むくみや冷えには、ジュニパーや循環促進、疲労回復のローズマリーの香りがオススメです。



お風呂でアロマと使うときに気をつけたいこと

入浴は軽い運動と同じように身体に負担をかけます。
気分の悪いとき、熱があるときなどは入浴を避けてください。
また入浴後は水分の補給を忘れずに、30分はゆっくりと休憩してください。

使用する精油は浴槽1杯で5〜6滴です。
オイルは水には溶けませんので、必ずソルトやベースオイルなどと
混ぜてからお風呂に入れましょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。